メニュー

甲状腺

甲状腺ホルモンはからだの代謝を調整するホルモンを産生しています。

甲状腺ホルモンに異常を来すと体重増加や体重減少、動悸や手の震え、イライラや不眠、むくみ、脱毛、発汗異常、物忘れ、疲れやすい、しびれなどといった多彩な症状を認めます。 通常の血液検査では見逃されやすく、診断が遅れがちです。

気になる症状がありましたら、一度ホルモン検査をお勧めいたします。

甲状腺腫瘍も認めることがあるので超音波検査も合わせて精査いたします。

健康診断で甲状腺の脹れを指摘された場合もどうぞご相談ください。

甲状腺の炎症でのどの痛みを伴うこともありますのでご相談ください。

 

バセドウ病、橋本病、甲状腺がん、亜急性甲状腺炎など

koukousenn甲状腺ホルモン

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME